03月 « 2018年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベモでバリ島1周!! ~その6~

2017年 12月18日 17:23 (月)


※ただ今育児休暇中のため、ガムランを離れて2009年のバリ島旅行記となっています。
料金は当時のものなので、参考にしないで下さいね。



***************


アメッドのビーチベッドでごろごろがすっかり気に入ってしまった私は、柄でもなく毎日ビーチに行って小説を読みながらごろごろ、ごろごろ。

と言っても2週間という短い滞在の為、そろそろ最終予定地のウブドへ向かわなければまずいな・・・
ということで、アメッド最終の夜。

この日も宿の食堂で夜ご飯を食べていたら、同じ宿に泊まっていた欧米人の男性が「一緒にいい?」と声をかけてきた。
断る理由は何もないので、「どうぞ」と答える。

男性はフランスからとのことで、「ご飯おいしいねー」とかとりとめもない話をして食後まったりしていると、「ビーチに行って星を見ないか」と誘われた。

ビーチで星!?


って!!
フランス人男性どれだけロマンチックなんだー!!
などとドキドキしてついて行ってみると、ビーチにはジュクン(小舟)に腰をかけてギターを演奏しているバリ人の男の子なんかがいて、なかなかいい感じ。
何のためらいもなくビーチにごろりと横になったフランス人を真似て横になってみる。

そこには満天の星空。
そういえばこうしてゆっくりと星空を見るのも久しぶりだな~、なんて思っていると、フランス人男性から「いま何を考えているの?」と声がかかる。

まったく何にも考えずにボーっとしていたので、やや焦り「しょ、将来のこととかかな」なんて適当に答えて「あなたは?」と聞くと「内緒」、だって!
なんだそりゃー、とことんロマンチックだな。

明日はどうするのかと聞かれたので、ベモに乗って次の場所へ移動する予定だと言うと一緒に行きたい!と。
彼もちょうどアメッドを経つ予定だったらしい。
ホテルのフロント前で待ち合わせの時間を決めて、明日は早いから・・・とそれぞれ部屋に戻ることに。

※残念ながら?これ以上ロマンチックな展開はございません(笑)


次の日の朝、案の定約束の時間にフランス人男性はおらず、「適当な約束だったのかな」と女将さんにベモをとめてもらえないかお願いをしているところへ、フランス人男性登場。
もちろん時間に遅れたことを気にかけるそぶりは全くない(笑)。

「今起きたの?」と聞くと、早朝から起きててボートに乗って沖まで魚釣りに行ってた、とのこと。
どれだけアクティブなんだー!!

で、宿の女将さんがとめてくれたベモ???が来たのだが・・・

「この辺ベモないから~、軽トラの荷台でいい?」


DSC00161.jpg

DSC00160.jpg
↑ちなみに先客。


軽トラはアメッドの小道を颯爽と駆け抜け、チュリックにてやや大きめのベモに乗り込む。

↓こちらも先客。
DSC00162.jpg


このベモ(というかミニバス)は前の扉から乗り込み、後ろの扉のところに集金のお兄さんがいて運賃を支払うスタイル。
できるだけ後ろの方に座り、みんなの払う料金を伺ったが伺い知れなかったので気にしないことにした。
それよりも気になったのは、お兄さんがそこら中にあるバリヒンドゥーの台座(スリヤ)を通るたびにお供えをして回ること。
もちろんその度にベモは停車する。

DSC00167.jpg

DSC00170.jpg


その数、結構な数。
道中の安全を祈ってのことなのか、ここまで丁寧にお祈りをして回るバスは初めてだったので興味がわいて、会話帳を片手に話をしに行く。
会話帳を指さしながらでは詳細は全く分からなかったが、お兄さんはにこやかに答えてくれた。

これは今まで乗ったベモ全てに共通することだったが、こちらがバリヒンドゥーに敬意を払いながら興味があるというそぶりをするとみんなたちまち饒舌に話し始める。
中には自分が知っている日本語で「アリガトウ」「サヨナラ」「アジノモト」などとフレンドリーな人もたくさんいた。

※「タカシムラ」という不可解な日本語?のようなことを言う人もいたが、これは“Tak kasih murah”(タッ カシー ムラー:安くしますよ)というインドネシア語が日本語の響きに似ているということから、日本人を見るとこの声掛けを使うインドネシア人が多くいる、と後に知った。


話している意味は十分には分からなくても、こうして笑顔で優しく触れ合ってもらえると、この旅でベモを選んで本当によかったな、と思う。

そうこうしているうちにベモはどんどんとウブドへ。
フランス人男性はこの日にバリを離れシンガポールに行くらしく、クタまでベモに乗るとのことだったので、私はそろそろ先に降りるねと声をかけると、「このベモの料金知ってる?」と小声で聞かれた。
取り合えず、「自分がこれだと思う金額を最初に出してみて、それから足りない分を少しずつ出していくといいよ。」と答えておいた。
細かいお金があるか聞くとないとのことだったので、私の手持ちのお金から細かく両替して渡す。
(これでデンパサールの宿で受けた親切が一つ返せた。)

そのうち、、ウブドへ行くならここで降りな~、と声がかかり、
「Have a nice trip!!」←言ってみたかった(笑)
と軽快にベモを降りる。

降りたそこはまだウブドではなく、更にもう一つベモを乗り継がなきゃで、そのベモの乗客は私一人だったのだが、慣れた口調で「ブラパ(いくら)?」とドキドキしながら聞くと、「8千ルピア」と思っていたよりも安く、ホッ。

こうして約2カ月ぶりにウブドの地に降り立った。



~つづく~


***************


これまたずいぶんと更新に時間が空いてしまいました
というのも、約1カ月前から日本に帰省しており、日本での用事をいろいろとこなしつつ日本の寒さと体の折り合いをつけていたら、気づいたらこんなに時間が経ってしまい・・・
ブログトップにスポンサーサイトなんてのが表示されて焦りました~

今年は次女の出産があった為、前年度に比べてガムランと触れ合う機会が極端に少なかったのですが、来年からはまたちょっとずつガムランに復帰していきたいと思っています。

こんな亀更新のブログですが、またこれからもどうぞよろしくお願い致します。

それでは皆様、ちょっと早いですが、
よいお年を・・・


2017年12月18日  Lotusya


ベモでバリ島1周!! ~その5~

2017年 11月15日 09:26 (水)


※ただ今育児休暇中のため、ガムランを離れて2009年のバリ島旅行記となっています。
料金は当時のものなので、参考にしないで下さいね。



***************



この日はロビナを経ちアメッドへと移動の日。
午前中のうちに宿をチェックアウトし、宿のスタッフに手伝って貰い流しのベモをつかまえて乗り込む。

ベモは来た時よりも少し大きめのもので、私の他にもアメッドへ向かうであろう欧米人が乗っていた。

DSC00145.jpg


バスはどんどん東へ進み、アメッドへの分岐点であるチュリックというところで降りるように言われる。
ここまでの道のり、ギリマヌク~ロビナまでとほぼ同じ距離。
なので4万ルピアとくるかな、と構えていたら、それを上回る6万ルピアだという。
(どうりで運転手さん、始終ニコニコ顔というかホクホク顔)
先に下りた欧米人はさっさと6万ルピアを払ってアメッドへ向かった様子。

6万ルピアはロビナで1泊+1食分の料金。
恐らくローカルは2~3万ルピア。
流石にこれはないな、と思い会話帳を片手に正規料金で!とお願いする。
さっきまでのニコニコ顔は一転、絶対に6万ルピアだ!!と引かない運転手のおじさん。

別に私は何が何でもローカルと同じ料金で!とこだわっているわけではない。
以前ベトナムの市場で、恐らくローカルでもしない強烈な値引き交渉の後、市場のおばちゃんから「おまえら二度とこの市場に来るな!!」と怒鳴られたことがあり、自分の行ったことはスマートではなかったと反省したことがあるから。
はっきりした相場も知らず、ローカルのルールも知らない者がやたらめったら「安くして!!」というのはルール違反だったと。

どれだけ貧乏旅行だとうたっていても、飛行機のチケットを買ってこうして海外へ旅行をしている時点で現地の人のお給料を何倍も越える金額を使っている、ということがアジアではよくあること。
なので外国人料金というのがあって当然だと思っている。
ただ、現地の相場を考えてやたらめったら料金をあげていると思った場合は・・・
うーん・・・そこはやっぱり交渉となるかな。

運転手のおじさんと私がわーわーやりあっている様子を見て、その辺にいた人たちが「なんだなんだ」と集まってきた。
「料金がちょっと高くて~」と集まってきた人に伝えると、「高いんだって!」「正規料金でって言ってるよ!」とちょっと助太刀してくれて、結局「これでお願い!」と4万ルピアでまとまった。

集まってきていた人たちは、チュリックからアメッドまでのバイクタクシーの人たちで、「次は俺達の番だ!」とばかりに、「アメッドまで3万ルピア!!」なんてふっかけられ、またかと・・・
もう交渉が面倒になってしまったので、「もういいよ、歩いていくから。」と言うと、「ごめん、ごめん、1万5千ルピアでいいよ!」とのことで、バイクに乗る。

DSC00148.jpg

DSC00149.jpg
アメッドまでの道のり


アメッドでの宿は決めてあった(ロビナの宿で紹介して貰った)ので、宿名を伝えると10分くらいで到着。
日本人の女将さんが経営する小奇麗な宿だった。

1泊10万ルピアとのことで、(予算の最上限だな・・・)と考えていると、「海側の部屋じゃないなら8万ルピアでいいよ!」とのことで、この宿に決める。
部屋はさすが日本人が管理しているだけあって今までで一番きれいでセンスがいい。
宿はビーチに面しているので、早速ビーチに出てみる。
アメッドのビーチは黒いごつごつした砂?なのだが、それでもビーチ沿いの宿というのは気分が上がる。
しかもビーチベッドが置いてあり、これがのんびりに最適。
ビーチベッドで本を読みながら昼寝する、がアメッドでの過ごし方となった。

DSC00153.jpg
アメッドのビーチ

DSC00150.jpg


アメッドはロビナのように中心街というのがなく、宿を出ると徒歩圏内には本当に何にもなかった。
なので、3食とも宿でとることにした。

ある夜、宿の食堂でご飯を食べていると、「一緒に食べよう!」とちょうどその時同じ宿に泊まっていた日本人男性が声をかけてきた。
「アメッドの海は最高だね~」というので、泳げないからもぐったこともないと言うと、「毎日何してるの?」と言われ「散歩と昼寝」というと笑われた。

そんな感じでわいわい食事をしていると、女将さんも来て更にわいわい話が始まる。
みんなバックパック一つで~、というのが旅のスタイルとのことで、どこどこが良かっただとか、旅談義。
そんな感じで話をしていると、女将さんが興味深いことを話し始めた。
曰く、「トランプ詐欺の現場に連れて行かれた」とか。

トランプ詐欺とは、よくガイドブックの旅の注意点などに書かれているあれで、ブラックジャックをやってお金持ちからお金を巻き上げよう~、なんて言葉巧みに誘ってきて、結局こちらがお金を巻き上げられる、というやつだ。(バリのガイドブックにも書いてあった。)

女将さんがその現場に行ったのはフィリピンでのこと。人の良さそうなフィリピン人女性に、「その靴かわいいわね~、日本から来たの!?日本のこと教えて!!家に来てよ~!」なんて言われてお宅に訪問。家では食べて飲んでともてなされ、その後ブラックジャックをやらないかと誘われたと言う。
「ぜーんぜん興味ないわー。」と言って食べるのに夢中になっていたらそのうち諦めたのか、そのまま帰されたらしい。「だから未だにあれがトランプ詐欺だったのか、ただのいい人だったのか分からないのよね~」 なんて女将さんは言うが、それは確実にトランプ詐欺だろう・・・と日本人男性と二人うなずく。

トランプ詐欺って断れるんだ、というか本当にそんな詐欺が実在するんだー、というのが正直な感想だった。
ただ、実際にそんな現場に行ったという話は貴重なので、今後の参考にこころに留めておく。



こんな感じでアメッドでの日々は過ぎていった。



~つづく~



ベモでバリ島1周!! ~その4~

2017年 10月25日 17:44 (水)



※ずいぶんと間があいてしまいましたが、旅行記続き書いていきます。
こちらは2009年のバリ島旅行記となっています。
料金は当時のものなので、参考にしないで下さいね。



***************



ロビナの町がすっかり気に入った私は、闘鶏ツアーが終わった後もしばらくロビナに滞在していた。


ロビナはバリ島最北端の町で、空港からだと車で3時間以上かかることもあり日本人観光客に出会うことはほぼなかった。
歩いて回れるほどの小さな町で、時折食堂で欧米人の観光客に出会う程度。
でも一応観光地なので、中心には一通り(宿、食堂、ネット屋)がそろっていて不便はない。
ということもあり、のんびりするのに最適の町だった。

昼間はだーれもいないビーチでぼんやりしたり、友達に葉書を書いて会話帳片手にローカルの人に聞いて郵便局まで行ったりとかして過ごす。



DSC00052.jpg
ロビナののんびりした町並み


DSC00047.jpg
ビーチものんびり


DSC00061.jpg
猫ものんびり


DSC00106.jpg
サンセットも独り占め


DSC00112.jpg
一人旅なのでもちろん写真はセルフィだけど、誰もいないので格好つけて撮っていても恥ずかしくない




そろそろ次の町を目指そうと思い、ロビナ最後の夜。
宿のオーナーに「これからビーチでプチパーティーをするんだけど、一緒にどう?」と誘われた。
なんでも、オーナーの友人(バリ人男性)の奥さん(イギリス人女性)がイギリスから帰ってきたので歓迎のパーティーとのことだった。
既に夕食を食べてしまったので・・・と伝えると「一杯くらいいいじゃない」とビーチへ連れて行かれた。

ビーチでパーティーなんてどんだけお洒落なんだ!?と思いながら宿の裏のビーチへと行くと、十数人のバリ人と欧米人がワイワイしていた。
オーナーが軽く紹介をしてくれ、輪に入る。
いつもは一人旅の時は判断が鈍るのが嫌なのでアルコール類は極力飲まないようにしているのだが、女性もたくさんいる場だし、宿は歩いて直ぐだし、で一杯だけ頂く事にした。
みんながビールやらワインやらで盛り上がっている中、一人の女性がグラスに水をついで飲んでいる姿が目に入った。
何となく気になって、「お酒を飲まないんですか?」と聞いてみると、
「赤ちゃんがいるの」と言う。
妊娠しているってことなのかな?と思い、妊娠って何ていうんだっけ?プレグナン・・・
などと考えている間に、彼女は椅子の上の籠にかけてあった布をそっとあけた。

「Naaaaa-------!!!」

なんとそこには天使の様な顔ですやすやと眠る赤ちゃんの姿が!!

まさかこのお洒落なビーチパーティーに赤ちゃんが参加しているなんて・・・思いもよらなかった事実に「アメージング」とか「ワオ」とかしか言葉が出てこず口をパクパクしている
私の姿を見て、彼女は微笑みながらこう続けた。

「イギリスでは、出産後1年間は働かなくても会社から給料が出るの。私にはイギリスの部屋にこもって赤ちゃんと二人の生活なんて考えられなかった。だから物価の安いバリに来て、バカンスを楽しみながら1年間子育てをしようと考えたの。友達もいるしね。夫?夫は今もロンドンで働いているわ。」


世界はこんなにも自由なのかと衝撃を受けた。


この時私は結婚も出産もしていなかったので想像でしかなかったが、子育てはかなり大変なイメージがあった。
先に子供を産んでいた友達はかなり疲れた表情をしていたし、育児ノイローゼなどという言葉があるように想像もつかないような大変なことがあるんだろうなぁ、と思っていた。(育児そのものの他にママ友とか、お姑さんとの意見の衝突とか・・・)

でも、世界にはこんなにも簡単に海外で一人で子供を育てよう(そしてついでにバカンスも楽しもう)とする人がいるのだ。

(今だから分かるが、彼女は自由だけではなくとても勇気がある人だと思う)


私の世界はこんなにも狭かったんだなー。
自分の中の価値観が大きく変わったロビナでの最終夜だった。


3 Bulananこぼれ話

2017年 10月11日 13:34 (水)


3 Bulananの前日、準備の為に親戚が集まっていた時のお話。


会場の準備も終わり、後は当日の朝にバンタン(お供え物)を運ぶのみとなってみんなでまったりしていると、おば様方が「あーでもない、こーでもない」と何やらワイワイしていた。
何かと思って聞いてみると、儀式当日の赤ちゃんに着せるクバヤの色の話らしい。

私はまぁ、無難に白でいいんじゃないかなー、何て思って準備していたのだが、赤ちゃん本人の意向を必ず聞かなければならないのだという。

赤ちゃんの意向=赤ちゃんに生まれ変わったご先祖さまの意向

なわけで・・・
つまりはあれである。
バリアン(呪術師)のところへ行ってということ。

以前も書いたが、バリでは輪廻転生が100%信じられており、
赤ちゃんが生まれたら必ずバリアンのところへ行って誰の生まれ変わりなのかを確認することになっている。

以前のお話↓
「輪廻転生」


で、この確認なのだが、どうやら1ヶ月の儀式と3ヶ月の儀式の間に行かなければならないらしく、この確認の時に3 Bulananの時の本人の希望も確認するのだとか。
(クバヤは何色だとか、バビグリンの有無とか、その他の希望いろいろ・・・)


で、なぜ次女のバリアン確認を直前まで行っていなかったというと・・・


ただ単に忘れていただけー


いや、私は覚えていたよ?
何度も夫に「いつ聞きに行くの?」って聞いてたよ?
で、「いつだろうね~」って、人事のように流されてたよ・・・
で、直前になってこの慌てよう。

まぁ、それはいい。
だったら今すぐ聞きに行ったら?って思ったのだけど、この日はバリの暦でPasahという日で、まぁ日本でいうところの仏滅のような日だったので、バリヒンドゥーに関することは一切禁止。
もちろんバリアンのところへお伺いにいくのも禁止。

なわけで、仕方なく当日の朝に親戚のおばさんがバリアンのところへ行ってくれることに。


以下はおばさんから聞いた話。


バリアンに生まれ変わりを確認する時は、基本的には名前と生年月日を伝えるのみ。
おばさんがそれを伝えると、

「タンカスの子か・・・」
と一言。

タンカスとは、夫の家寺のクルンクンにあるタンカス・コリ・アグンのこと。
私なんかはこういった力を発揮されると未だにちょっとぞくっとしてしまうのだが、バリ人にしてみれば、「バリアンさんは何で分かるんだろうねー?凄いねぇ」ってごくごく普通の感覚。

その後バリアンは生まれ変わった人の特徴(ここにほくろがある、とか背が高いとか低いとか)を伝え、「あぁ、○○おじいちゃん!」とか「○○おじさんだ!」とかになるらしいのだが、次女の生まれ変わりは○○おじいちゃんといったようなレベルではなく古い方らしい。

その人は男性。
素直な人で、つつましい暮らしを送っていたそうだ。

3 Bulananの希望を聞くと、なーんでもいいと。
クバヤの色もバンタンの豪華さも、儀式の場所だってシガラジャでもデンパサールでもどこでもいいと。

その人の希望は、こういったもの。

・自分はタンカスの人間。シガラジャのムラジャン(小さい家寺)に報告に行く前に、クルンクンのプラ・カウィタン(先祖の家寺)に報告に行って欲しい。


通常我が家では、子供が生まれるとシガラジャにある家寺に報告に行くのだが、

こちら↓
FB_IMG_1507695413197[1]

ではなく、クルンクンの

こちら↓
FB_IMG_1507695394728[1]

へまず行って欲しいと。


もう一つは、

・名前に「タンカス」を入れて欲しい。

とのこと。
この時点で既に出生届を出してしまっていたので、事実上名前を変更するには裁判所へ行く必要があるので、お寺への報告時にタンカスを入れた名前での報告とすることに。

ちなみに、次女の名前は・・・

Ni Kadek ○○(日本の名前)Arya Savitri

なのだが、AryaとSavitriの間にTangkasを入れることになった。
な、ながい・・・


そして最後の願いは・・・

・決してお腹をすかせて泣かせるようなことはしないで欲しい


その人はその昔、幾度となく空腹の為涙を流したそうだ。
それは戦争の時代だったのかもしれない。
はたまたそれより昔のバリを開拓している時だったのかもしれない。

現代では空腹で死ぬほど辛い思いをするなんてことは殆どないかもしれないが、昔は珍しいことではなかったのだろう。
ただ、自分の娘の前世の人がそんな辛い思いをしてきたなんて・・・

無邪気に笑う娘の顔を見ながら、
少し目頭が熱くなってしまった。


もう大丈夫。
決してそんな思いはさせないから。

私は料理があまり得意ではないのだけれど、
おいしい、おいしい、とたらふく食べてもらう為にも
料理上手なお母さんにならなきゃな。




赤ちゃんの儀式 ~3 Bulanan~

2017年 09月29日 15:00 (金)


※旅行記の途中ですが、ここで一旦先日あった3 Bulananについて書いていきたいと思います。(先日と言ってももう3週間程前になりますが・・・
このタイミングで書かないと、儀式の話を書くのがいつになるか分からないので・・・



***************



この日は待ちに待った次女の3 Bulanan(ティガブラナン:3ヶ月の儀式)。
もう本当にこの日が早く来てほしくてしょうがなかった。
というのも、この3 Bulananが終わるまでは自宅にほぼ軟禁状態だったため・・・

バリヒンドゥーでは、この3 Bulananを迎える日までは赤ちゃんは人間ではなく神側に近い存在とされていて、魂が非常に不安定な状態だと言われている。
なので、不用意に外出して道中にNgaben(火葬式)などがあったらどうするんだ!!
というのが一般的なバリ人の発想で、多くのバリ人は赤ちゃんを連れての外出を控える。
(まぁ、まだ小さいからというのもありますが。)


というわけで、この3 Bulananが終わればそういった心配事が一つ減ることにもなるので、親としては嬉しい。


こういった儀式がある時はバリの人たちはこの上ない一致団結力を発揮するので、ずんずんと準備が進められていって迎えた当日。
色とりどりのお供えものが次々と運び込まれる。
長女の時はシガラジャの田舎で儀式を行ったのだが、今回はデンパサールの自宅で行う為、ティルタ(聖水)はシガラジャから親戚に運んできて貰う。

P1020110_1[1]


で、儀式の準備をする過程で今回気付いたこと。
シガラジャとデンパサールでは儀式の内容が結構違う、ということ。

シガラジャでは、この3 Bulananはプダンダ(最高僧)さんに執り行ってもらい、お供えも豪華、でこの次にひかえる1 Oton(サトゥオトン:6ヶ月の儀式=バリヒンドゥーの誕生日)は控えめで、3 Oton(3回目の誕生日)を盛大に迎えるのが一般的。
一方デンパサールでは、この3 Bulananはマンクー(一般僧)さんでもOKで、1 Otonが豪勢となる。

シガラジャの3 Bulanan=デンパサールの1 Oton
と言った感じ。
同じバリヒンドゥーでも、地域によって儀式の内容が変わってきたりするのはよくあること。
今回はデンパサールで行うものの、儀式の内容はシガラジャ式でお願いしておりプダンダさんにとり行って貰うことに。


そして、今回の儀式を待ちに待っていたもう一つの理由は・・・


儀式でグンデルの演奏をしてもらえることになったため~


バリ人的にはどうってことない普通の事なんだけど、我が家は今まで家族の儀式でグンデルの演奏をしてもらったりしたことがなかった。
が、今回の儀式の前にラディタ先生から、「グンデル演奏しようか?」と声がかかり、もうこれ以上嬉しいことはない!
ってことで、お願いすることに。
当日はラディタ先生と、いつも一緒にグンデルを弾いてくれるKさん、そして現在スカワティでダラン(影絵人形師)の修行中のK.Kさん(既にスカワティのお寺でダランとしてデビュー済み!←これは本当に凄いことです)の豪華メンバー。

プダンダさんが到着して、お祈りが始まると共に鳴り響くグンデルの音。

自分のグンデルが儀式の演奏に使用されるのは初めてのことで、感激もひとしお。
儀式の際にグンデルの演奏があるということはこんなにも良いものなのか、と改めて実感。

P1020109_1[1]
Kさん、顔出しOKだったでしょうか!?いい笑顔だったものでつい



儀式は進み、プダンダさんからお呼びがかかる。

まず、赤ちゃんは母親から引き離され、代わりにパパイヤを抱っこする。
パパイヤには手足に見立てて棒が刺さっており、それぞれに清められた赤ちゃん用の装飾品がかけてある。

↓こんなの
P_20170929_133857_1.jpg

これは3 Bulananが終わってから1ヶ月程赤ちゃんが身に着けるもの。
(魂が不安定な状態から開放された赤ちゃんを守るもの、だと勝手に解釈している。)



それからパパイヤを抱っこしたままお祈りをし、お供え物の周りをぐるぐる回ったりする。

P1020209.jpg

その後赤ちゃんは沐浴され、パパイヤと引き換えに母親のところへ戻る。

それからはよくある儀式と同様、頭に色々巻かれ、ナターブ(ドゥパの煙を浴びる)したり、ティルタ(聖水)をあびたりして儀式は終了。

P1020258.jpg


ちなみに、シガラジャで行った長女の時は、

FB_IMG_1496840061480_1[1]
↑Turung tanahといって、地面に足をつけたり、鶏(あひる)に頭を突かれたり、

FB_IMG_1496840055849_1[1]
↑プダンダさんに髪の毛を切られたり。


今回はこれらがなかったので、地に足をつけるのは次回1 Otonまでお預け。
儀式の内容は意味不明なことが多いけど、これでひとまず安心。
無事に何事もなく儀式が終わって本当によかった~。



***************


日本でも報道されている為、多くの方がご存知かと思いますが、
現在バリ島最高峰のアグン山がいつ噴火してもおかしくない状態で、多くの周辺住民が避難生活を余儀なくされている状況が続いています。
アグン山から60km以上離れた我が家でも、いつ大地震が起きても直ぐに逃げ出せるように、貴重品と数日分の赤ちゃん用品を一まとめにしておいています。
自然災害に対して私達人間が出来る事は、備えと祈りだけ。
被害が最小限となりますよう、祈る日々です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。