03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

今日の練習曲【Seketi Sangsihなどなど】@DENPASAR

2017年 03月16日 12:18 (木)


ここ最近の練習の様子が全然書けてないけど、一応週に1回はデンパサールへと練習に通う日々は続いている。

日本へ帰る前に、Seketi DenpasarのSangsihとKejojorのSangsihを習っての帰国。
日本にいる間も一応エアグンデル(ビデオ見ながら枕叩く)は時々していたけど、やっぱり生もののグンデル!?は感覚が違う。
Kejojor全然ついていけなかった・・・


で、バリに戻って久しぶりの練習なんだけど、この辺でちょっと思うことがあって楽器をグンデルワヤンからガンサに変えることに。

というのも、実は現在二人目を妊娠中で、結構お腹も出てきてグンデルワヤンの練習がちょっと厳しくなってきたので。

グンデルワヤンはピアノの様に両手を使ってメロディーを奏でるのだけど、もちろん右左の動きが全然違う上に音を半テンポずらして止めていかなければならない。
楽譜なんてものはないので、全部暗記のみ。
簡単な曲ならいいんだけど、コテカンと呼ばれる連打が入るとちょっと厳しい。
(バランスとるのも)

一方ガンサは右手で叩き左手で音を止めるので、基本1音のみを追っていればいいので頭的には優しい。
この左手で半歩ずれて音を止めるのが慣れるまで厄介なんだけど、ガンサはペログ音階のガムランでは基本中の基本。
ここらでちょっと頑張ってみようかと。
(頭的に楽なので)


という訳で、先週よりガンサ練習開始。
まずは簡単な基本の曲「Tari Baris」から。

この曲はバリスと呼ばれる男踊りの伴奏曲なんだけど、割と簡単(らしい)。
と言っても、私はバリスをまともに観たことがないので、もちろん曲も初めて聞く。
単調なメロディーだけど、覚えるにはそれなりに集中が必要。
ふー。

で、メロディーを覚えても手がついていかない。
左手が右手の後を追ってくれない。
考えると無理。
なので、感覚で覚えていくしかない。
グンデルのくせで、時折右手で止めてしまったり・・・(スロンディンかの様に

でも楽しい!!
ひたすら一つの音を追っていくのは楽しい~


「もうBarisいいでしょ。」
ってことで今週はルランバタンのTabuh tule「ブアヤ マンガップ」だったかな・・・?
(スペルが分からないけど、「ワニが口をあけている」っていう意味。ルランバタンに関しては説明できないので割愛)

あぁ、これよく聞くやつだ。
簡単な曲で、子供が練習するのにもってこいの曲なんだとか。
でも一気に2曲は頭がついていかないので簡単にさわりのみ。


というか、メロディー覚えても手を慣れさせる方が大切なんだよな~、ってことで、思い切って練習用のガンサを買うことに。
といってもお値段とてもリーズナブル
1台1万円もしないくらい。
というのも、鍵盤が鉄製なので。
本物のガンサ(ガムラン楽器)は鍵盤が青銅で出来ており、お値段はこの10倍くらい。
でも、鉄製で簡単な作りの練習用だとまだまだこの値段で手に入る。

私はガンサをメインにするわけではないので、練習用で十分。


P_20170316_110157_1[1]
昨日届いたばっかり。
音程させ合っていれば問題なし。
小さくて可愛い


しばらくはこの子で家練習頑張ろう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

2017年03月17日 19:27

そうかあ、お腹が出てくるとグンデルワヤンも弾きにくいのですね。
でもこの機会にガンサをやっとこう〜なんてすごく前向きで素敵です!
私も一度試しに弾かせてもらったことはあるのですが、左手、次どこ止めるの?ってすごく混乱しました(笑)。
慣れれば、考えなくてもパッと反応できるのでしょうか。
(そう見えて、弾ける人が羨ましいです!)

ガンサも、練習用だと安く手に入るんですね。
可愛くて、何だか嬉しくなりますね!
これでまた、楽しみが増えましたね〜。

里花さんへ

2017年03月18日 12:36

普段はあまり気にとめないのですが、胡坐をかいて両腕を上げるのは結構腹筋を使うのかと思います。
それよりも何よりもやはりグンデルは左右の音を覚えなければならないので、かなり集中して練習しなければならず、
集中力がもたなくなってきました^^;
ガンサだとひたすら一つの音を追い続ければいいので、集中力という面ではグンデルの比ではないです。

ただやっぱり半音ずらして左手で止めていくのは慣れるまで大変ですね。
特に高速コテカンとなるともう何が何やらさっぱりです・・・

練習用のガンサはリンディックと同じくらいで、正規料金は75万ルピアでした。
(頑張って交渉すればもっと安くなります)
これくらいだと気軽に購入できますね。
コンパクトで軽いので場所もとらずに助かっています。

今までスレンドロのグンデルしか家になかったので、ペログの楽器があるのはちょっと新鮮です。
楽しみが増えました♪