04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

今日の練習曲【Mesem続き】@SUKAWATI

2017年 01月17日 13:00 (火)


サルゴ先生の話す昔話が好きだ。


と言ってもサルゴ先生はまだまだお若い(60代)ので、半昔話といったところだろうか。
小学校の先生との思い出話や、若かりし頃の恋人との話、奥様との馴れ初めなど、サルゴ先生はお話好きなので、色々な話をしてくれる。

中でも興味深いのは、やはりグンデル黄金時代の話。

ダランのナルタさんや、今は亡きロチェンさんの名前が出てくると、今まで本でしか読んだことのない物語のお話がいきなり現実味を帯びてくる。


「昔はよく海外にも演奏活動に出かけたなぁ。」
「日本にも2~3回くらい行った。後はオーストラリアとかヨーロッパとか・・・」

「ドイツに行った時のことは忘れられん。知ってるか?ドイツのスーパーはめちゃくちゃ大きいんだぞ!!ワシの家からスカワティの市場くらいの大きさだ。」
「びっくりしてたら、隣にいたはずのナルタさんやロチェンさんの姿が見えなくなって、一人で置いていかれて・・・あの時は死ぬかと思った!!」

天下のサルゴ先生が、それきしのことで死にはしませんよ!!
と心の中で突っ込んでいたのだが、

「本当に今でもはっきりと思い出す。死ぬかと思った!!」
と力強く繰り返すので、うんうんうなずいておいた。


それにしても、何て素直な人なのか。
こういう話を聞いていると益々サルゴ先生の人柄が好きになる。
(パッと見、「わが道を行くグンデル界の巨匠」なのだが、時折そんな繊細なことを考えていたのか・・・!!と驚くことが多々ある。)


「でも、海外へそうやって演奏旅行に行くと、その国に住んでいるインドネシア人がたくさん尋ねてきてくれて・・・あれは本当に嬉しいものだな。」

とその日の話は締めくくられた。


さて、練習の続き。
かなりのスローペースで進んでいるMesem。
年末にかけて、サルゴ先生の入院騒ぎもあり(今ではすっかりお元気です)、
年をまたいで今年初のスカワティ稽古。

この日は渡バリ中のTさんと、サルゴ亭でお会いする約束をしてしばしおしゃべり。
(Tさんはバリ歴何十年にもなる、ガムランの大先輩です。)

二人でわいわいおしゃべりしていると、昼寝中だったサルゴ先生も起きてきて、
「ちょっと早いけど練習始めるか。」
と。

Tさんは午前中も稽古でお疲れだったと思うのだけど、どうしても一緒にグンデルを弾きたくて無理に引きとめ一緒に曲合わせ。
(ありがとうございます

Tさんがグンデルの前に座ると、珍しく息子のW君もやってきて、4人での曲合わせ。
グンデルはやっぱり4台での演奏が最高の音となる。
嬉しいな~


まずはKrepetan。
スカワティでの稽古が3週間ぶりだったので、グンデルさばきをチェックされる。
最後、左手の均衡がみだれ「こいつ間違えたぞ」とばかりにサルゴ先生に笑われる。


続いてSekar Ginotan、Partha Wijaya、Bima Kroda・・・
この4人の組み合わせは、いつしかのNgayahを思い出させる。
4台のグンデルが生み出す音のうねり、心地いいな~

結局、Sekar Sungsang、Sulendroと6曲もTさんにお付き合い頂いた。
(本当にありがとうございます


続きMesem。
残すは最後のパートのみ。
何とかMesem最後までたどり着いた~


これにてスカワティでのグンデル稽古はしばしのお休みとなる。
と言うのも、この後日本に1ヶ月帰国予定なもので。
バリに戻った後はスカワティでの稽古が難しそうなので、実質これが今年?最初で最後のスカワティ稽古かな。
本当はこの後、Bendu Smara、Candi Rebah、Alas Arumを予定していたのだけど残念ながらタイムアウト。

スカワティでのグンデル稽古、約1年間。
私に魂の入れ方を教えてくれたサルゴ先生には感謝しかない。
次にスカワティでの稽古に復帰できるのはいつになるかは分からないけど、
また必ず戻ってこよう。


それまでサルゴ先生にはお元気でいてもらわなければ!!




P_20160717_172248_1-01.jpeg





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

2017年01月17日 18:31

スカワティでの稽古の時間は、サルゴ先生のお話も楽しみな時間ですね。
私もいつか聞いてみたいな、と思うほど面白そうです。
まだまだずっと現役で、元気にご活躍されそうですね!

グンデルは4台になると一層音が美しく、たくさんの波がキラキラたゆたうようで、その中にいるだけで夢のようですよね。
しばらくお休みの前に、素晴らしいひと時を味わえて良かったですね!

日本は今かなり寒いので、あったかくして、お気をつけて帰国されてくださいね!
先日私が帰る時は、ガルーダ機内も結構寒くてなかなか眠れず、毛布を2枚借りちゃったほどなので、機内でもあまり薄着じゃない方がいいかもです。
(私が寒がりなだけかもしれませんが・・・)


里花さんへ

2017年01月18日 11:59

お休み前の稽古で4台演奏の音を聞けたのはラッキーでした♪
サルゴ先生、本当におもしろいんです。
パッと見、「怖そう」と誤解を受けやすいお人柄なのですが、
こうしてお話を聞けば聞くほどその心の豊かさにハッとさせられます。

機内も寒かったんですね・・・
私もかなりの寒がりなので、温かくして帰ります!