02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

ワヤン演奏 ~Part-7~  

2017年 03月25日 11:35 (土)


※もう3ヶ月以上経ってしまいましたが、正月明けの怒涛の3日間演奏について書いていきます。



**************





前日に教えられたこの日のワヤン演奏。
前回のワヤン演奏から半年以上経っているので、全然手がついていかず、しかも曲をかなり忘れてしまっていた状態だったので、頑張って家で練習してみたが全然自信なし。

今回のワヤン演奏はデンパサールのとある家寺のオダランなんだとか。
ダランさんはずい分前にクシマンであったワヤンの時にお見かけしたPak Gustu 。
その時私はまだワヤンの演奏が出来ず、見学だけだったのでどんなタイプのダランさんかは覚えていない。

会場に着くとさっそくワヤンの舞台に案内され、お茶やお菓子が振舞われる。
イブイブ(奥様方)は、こうして客人にお茶を出したり、バンタン(お供えもの)のチェックをしたりと忙しい。

プダンダ(高僧)さんもまだ来ておらず、どうやらワヤンが始まるのはまだまだ先のよう。
手の空いているイブから声がかかるのはいつものこと。

「あら、あなたダランさんの娘さんか何か?」

この質問は新しい。
いつもは、「あら、あなたグンデルが弾けるの?私でも弾けないのに~。」が定番なんだけど。
うーん・・・誰がどう見たってダランさんの娘には見えないはずなんだけど・・・何て心の中で突っ込みながら、

「私は日本人で、グンデルの勉強をしているんです。」
「あら、日本でグンデルの教室を開くの?」
「いえ、もうこっちでバリ人と結婚していて・・・」
「あらあら、旦那さんはどこの出身?」

何て感じでおしゃべり。

ちなみに、バリ人と結婚していると言うと、夫の出身地を聞かれるのは必ず。
バリではプライベートにガンガンつっこまれるのが普通で、(結婚しているの?恋人いるの?等)これを聞かないということは相手のことに興味がないということになり、失礼に当たるのだとか。
バリ人的社交辞令(バサバシ)という訳。
(日本人的感覚だと、初対面でプライベートにガンガン突っ込む方が失礼だけど・・・
バリに来た当初はこれに慣れずにとまどったけど、今は軽く流せるようになってきた。
(スーパーで初対面の人に夫の職業まで聞かれた時は若干引いたが・・・)

しばらくすると、女の子の踊りルジャン(だっけ?)が始まって、しばし鑑賞。

P_20170104_105050_1[1]


そのうちプダンダさんも到着し、そろそろワヤンの開始。

P_20170104_093637_1[1]


オープニングはSekar Ginotan(Sukawati)のシンカット(省略)バージョン。
で、そのままPemungkah Wayangへ。
相変わらず、カヨナン舞いの部分では左手がすべるすべる
で、ラディタ先生と止めのタイミングが見事に合わなくて苦笑される
(私がダランさんを見る余裕がなく、ダランさんのカヨナンにタイミングを合わせられない・・・

凹んでいる暇もなくPengrumrumへと続き、終わりがけに「ランスン(直接)」と言われたのだけど、何が直接??と思っていたら、Tulang Lindungを飛ばして直接カヨナン舞いという意味だった。
(全然意味が分からず、Tulang Lindungの頭を叩いてしまった・・・)
やっぱり本番は練習通りにはいかず、まだまだ対応に困る

Alas Arumの後はPengalangakaraは飛ばされ、直ぐに物語へ。
(Pengalangakaraが一番好きな部分なんだけどな。)

P_20170104_112815_1[1]


ここからが鬼門。
ダランさんの合図に合わせてのアンカタン。
入る合図は、ダランさんが激しめにチュパラを叩くので何となくは分かるのだけど、終わる合図は相変わらず全く分からない・・・
そして、何のアンカタンが来るのかも相変わらず分からない・・・

なんとなーくやり過ごしていると、ラディタ先生が聞いたことあるフレーズを叩き出した。
「ん?これ何の曲だったっけ?」なんて舞台を見てみると、悪役従者のデレムとサングットが何やら舞台でお話中。

・・・。
デレムのテーマソングだ・・・

すっかり忘れていて、前日の家練習でもすっかり飛ばしていた曲。
ゆっくりの部分は何となく弾いていて思い出したけど、この後デレムが騒ぎ出したら少し激しい目の音へと変わるんだけど、その部分が全く思い出せない。
お願い、どうかデレムがこれ以上騒ぎませんように・・・
何て願いながらゆっくりバージョンを弾いていたら、なんとかデレムは騒ぎ出すことなく舞台から去っていった。(ホッ)

P_20170104_112823_1[1]

そんなこんなで、気付いたら最終のSudamala。
ところどころかなりしくじった部分はあったけど、とんでもなく大きな間違いはなく今年最初のワヤン演奏は終了。
あー、よかった。


帰りの車の中、2日後のワヤン演奏もダランはPak Gustuだったので、「次、Mesem(悲しみの曲)ね。」と事前に教えてもらえた。
おぉ、Mesemか。
よかった教えてもらえて。
一番苦手だからちゃんと練習しなきゃ。




***************



この日の様子をちょっとご紹介。

というか、アングル的に「クトゥット・ラディタ・ワンマンショー」状態ですが
(ちゃんとUPの許可は得ています。)



まずはオープニングのSekar Ginotan。
この曲弾くのも久しぶりだったんだけど、やっぱり左手がちょっと大振りだな・・・
パングルさばきがいまだに安定しない。



続いてPemungkah Wayangにて人形劇の始まり。
私にダランさんを見ながら演奏する余裕がなく、目の前のラディタ先生の手の動きに合わせて叩いているため、半テンポ遅れ気味での演奏。
せめてカヨナン舞いの部はダランさんみながら叩けるようになりたいなぁ。



Pemungkah Wayangからのつづき。
再後にちょっとだけアンカタン。
タイミングが全然分からない・・・



スポンサーサイト

今日の練習曲【Seketi Sangsihなどなど】@DENPASAR

2017年 03月16日 12:18 (木)


ここ最近の練習の様子が全然書けてないけど、一応週に1回はデンパサールへと練習に通う日々は続いている。

日本へ帰る前に、Seketi DenpasarのSangsihとKejojorのSangsihを習っての帰国。
日本にいる間も一応エアグンデル(ビデオ見ながら枕叩く)は時々していたけど、やっぱり生もののグンデル!?は感覚が違う。
Kejojor全然ついていけなかった・・・


で、バリに戻って久しぶりの練習なんだけど、この辺でちょっと思うことがあって楽器をグンデルワヤンからガンサに変えることに。

というのも、実は現在二人目を妊娠中で、結構お腹も出てきてグンデルワヤンの練習がちょっと厳しくなってきたので。

グンデルワヤンはピアノの様に両手を使ってメロディーを奏でるのだけど、もちろん右左の動きが全然違う上に音を半テンポずらして止めていかなければならない。
楽譜なんてものはないので、全部暗記のみ。
簡単な曲ならいいんだけど、コテカンと呼ばれる連打が入るとちょっと厳しい。
(バランスとるのも)

一方ガンサは右手で叩き左手で音を止めるので、基本1音のみを追っていればいいので頭的には優しい。
この左手で半歩ずれて音を止めるのが慣れるまで厄介なんだけど、ガンサはペログ音階のガムランでは基本中の基本。
ここらでちょっと頑張ってみようかと。
(頭的に楽なので)


という訳で、先週よりガンサ練習開始。
まずは簡単な基本の曲「Tari Baris」から。

この曲はバリスと呼ばれる男踊りの伴奏曲なんだけど、割と簡単(らしい)。
と言っても、私はバリスをまともに観たことがないので、もちろん曲も初めて聞く。
単調なメロディーだけど、覚えるにはそれなりに集中が必要。
ふー。

で、メロディーを覚えても手がついていかない。
左手が右手の後を追ってくれない。
考えると無理。
なので、感覚で覚えていくしかない。
グンデルのくせで、時折右手で止めてしまったり・・・(スロンディンかの様に

でも楽しい!!
ひたすら一つの音を追っていくのは楽しい~


「もうBarisいいでしょ。」
ってことで今週はルランバタンのTabuh tule「ブアヤ マンガップ」だったかな・・・?
(スペルが分からないけど、「ワニが口をあけている」っていう意味。ルランバタンに関しては説明できないので割愛)

あぁ、これよく聞くやつだ。
簡単な曲で、子供が練習するのにもってこいの曲なんだとか。
でも一気に2曲は頭がついていかないので簡単にさわりのみ。


というか、メロディー覚えても手を慣れさせる方が大切なんだよな~、ってことで、思い切って練習用のガンサを買うことに。
といってもお値段とてもリーズナブル
1台1万円もしないくらい。
というのも、鍵盤が鉄製なので。
本物のガンサ(ガムラン楽器)は鍵盤が青銅で出来ており、お値段はこの10倍くらい。
でも、鉄製で簡単な作りの練習用だとまだまだこの値段で手に入る。

私はガンサをメインにするわけではないので、練習用で十分。


P_20170316_110157_1[1]
昨日届いたばっかり。
音程させ合っていれば問題なし。
小さくて可愛い


しばらくはこの子で家練習頑張ろう。




今日のプレゴンガン練習【Godeg Miringなどなど】

2017年 03月10日 13:14 (金)


バリに戻ってからまず最初の練習はプレゴンガン。

実は私は日本に帰っている間、バリで他のメンバーの練習もお休みとなっていたためメンバーみんな2ヶ月ぶりくらいの久しぶりの練習。
(申し訳ない・・・)


プレゴンガンの練習での集まりは、私の中でかなりの癒しなのではりきってラディタ家へ!

と言っても本当に久しぶりなので、まずは手慣らしにGodeg Miringから。
うん、ところどころ忘れてるね!
特に曲の移行部は完全にタイミングを見失ってて、グンデルランバット相方のMちゃん(中学生女子)に慌ててついていく有様・・・
情けない・・・


今週の第2回目の練習では、以前1回だけ練習をしたことがある「Peguneman Salya」を。
Pegunemanとはテーマソングといった意味合いで、
Salyaとはマハバラタで出てくる登場人物の名前とのことなので、
「Salyaさんのテーマソング」
といった感じ?
(本来はスマルプグリンガンの曲らしいが、プレゴンガン用にアレンジ済み)

前半、後半もなくひたすらちょっと長めのフレーズを繰り返すこの曲。
最初から間違えてたけど、弾いているうちに思い出してきた。

それから久しぶりにLengker。
こちらもすっかり忘れていて(特にプガワ:前半)、移行部のタイミングも合わずまた最初からやり直しな感じ。
結局この2曲だけでタイムアウト。
Selisirまではたどり着けなかった~。

まぁ、こんな感じでのんびりゆっくりと楽しめるプレゴンガンチームの練習は楽しいなぁ。


日本との寒暖の差が激しすぎて、何をするにも汗だくで直ぐに疲れてしまうここ最近。
これくらいのんびりの日々じゃないと体がついていかない~
でもまたこの日常が当たり前のように戻ってきて嬉しい
来週ものんびりゆっくり行こう。


_lotusya__2014-03-07_17-06-28.jpg
暑いので南国フルーツばっかり食べてます




興味のある方はご連絡くださいね~
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Sanggar Kembang Waru

ガムラン部メンバー募集中

参加費無料。
年齢不問。経験不問。
初心者大歓迎。

住所:Jalan WR. Supratman No.102 Denpasar

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



バリに戻りました~!

2017年 03月02日 12:13 (木)


約1ヶ月ちょっとの日本滞在を終え、つい先日バリへ。
寒さが苦手な私は、温かさを求めてバリに移住したというのもあり、
6年ぶりの日本の冬に体調を崩す予感しかなったのだけど、何とか大きく体調を崩すことなくバリへ戻れたことに感謝。
(バリから持ってきていたプロポリスを毎日飲んで、ビタミン補給でみかんを毎日食べたから?)

というか、かなり日本の冬にびびっていたけれど、あれ?冬ってこんな感じだったっけ?というくらい寒さは思っていたよりも厳しくなかった。

私が小学生の頃は冬といえば常に道路に雪山が積み上げられており、早朝から除雪車が行き交い、道路にはお湯がまかれ、信号機は縦仕様になったりと、かなりの冬っぷりだったのだが、考えてみたら地元を出てから早20年余り。
ずい分と温暖化が進んだんだなぁ、としみじみ。


今回はバリ戻りの日を前もって決めていなかったこともあり、帰りのチケットはLCCのAir Asiaを利用。
日本からガルーダエアラインの片道チケットは驚くほど高くて断念。
今話題のクアラルンプールでの乗り換えも特に問題なく、思っていたよりも快適なLCCでの空の旅。
途中トランジットがあり13時間ほどかかるのがちょっと厳しかったけど、値段が1/4ほどなのを考えるとこれはこれでありだな~。
(でもやっぱり次はバリから往復ガルーダを買おう。)


で、約1ヶ月ぶりのバリ。

生ぬるい。
何もかもが。
空港でのスタッフの対応から気候まで何もかも(笑)
このむわ~っとした空気に包まれて、「あぁ、バリだなぁ・・・」と。
体が一気に緩む~

で、昨日は久しぶりにグンデルを触ってみたんだけど、
「えー、こんなに音が響くもんだっけ?」
と驚き。
日本じゃこんなに大きな音は久しく聞かなかったからね。
(ご近所さんから苦情がきてしまうくらいの音量・・・)
しばらくグンデルも私もお互いに人見知り状態でぎこちなかったけど、そのうち感覚がもどってきて、「あぁ、やっぱりグンデルはいいなぁ。」とまったり。

留守にした1ヶ月の間に植物もかなりの成長っぷりで、窓から見えるハイビスカスがもっさり!!
剪定しなければ。

P_20170302_110244_1[1]



先日の長時間のフライトで足がパンパンにむくんでいて、今日は早速フットマッサージ(1,000円くらい)に行く予定。
楽しみだな~