11月 « 2016年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

2016年を振り返って

2016年 12月30日 13:13 (金)


みなさん、今年ももうすぐ終わりますね。
は、早いー



今年初め、そういえば今年の目標を立てたことを思い出し、
ちょっと振り返ってみることに。

↓こちらが年始に立てた目標
~2016年の目標~

①ワヤンマラムでの完全演奏!!


→なんとかぎりぎり目標達成。
といってももちろんまだまだ納得のいくレベルではない。
(とくにAngkatan)
ただ参加したってだけ。
しかもなかなか機会がなく1回のみだったし。
こればかりは機会を待つしかないので、いつその機会が訪れても躊躇することのない様に、常に練習あるのみ。
(この前久しぶりにPemungkahから弾いてみたら、ところどころ抜けている音があって凹んだ・・・
次の目標は、サンシ制覇。
ワヤン演奏はこれから先、何年もかけて習得していく永遠の目標。


②グンデルワヤン以外のガムラン楽器が弾けるようになる!!

→これは、プレゴンガン練習が始まり、グンデル・ランバットのみは何とか。
といっても、グンデル・ワヤンを弾ける人はグンデル・ランバットは絶対弾けるので、次の目標は別の楽器だなー。
(なんとなくペログ音階には慣れてきた)
ガンサ、スリン、クンダンあたりを習っていきたいが、これらはプライベートレッスンでないと習得が難しいので、グンデル・ワヤンの修行がひと段落したら挑戦したい。


といったところ。


年が明けたらまた来年の目標を・・・
といいたいところだけど、今年は私生活の面でも転機を迎えそうなのであえて目標は立てず、


とにかく楽しくガムラン生活



ということで、今年もみなさん応援ありがとうございました。
よいお年をお過ごし下さい。


2016年12月30日  バリ島より  Lotusya


P_20160727_115129_1-01.jpeg



スポンサーサイト

今日のプレゴンガン練習【Godeg Miringつづき】

2016年 12月23日 12:57 (金)


プレゴンガン練習、毎週木曜日。
メンバーも増えて、いい感じで続いている。

曲は変わらず「Godeg Miring」。
ラディタ先生は簡単な曲だなんて言っていたけど、
それはガムランに精通しているから、ってことで。

ガムランがDNAに織り込まれていない(体に染み付いていない)日本人にとっては難しいんですよー。


ここ1ヶ月前から「バリ島移住で猫暮らし」のシロブチさんも定期参加してもらえるようになって、シロブチさんはカジャールを担当。

「テロテロのバリ島でココアンな時間」のテロテロさんはでっかいゴング担当。
(天下一武道会で叩いているやつね、ってよけい分かりにくい??)

お二人ともかなり熱心に練習に取り組んでくれていて、録音した音を家で聞いて復習まで・・・!!
ありがたいことです。

お二人の努力の甲斐あって、まったくのガムラン初心者だったお二人も、かなりの上達ぶり
嬉しい~

そして12月中旬には「Leganya Bali」のレガーニャさんが、練習に飛び入り参加!!
レガーニャさん、音楽の経験はないとのことですが、リズム感が凄い!!
クレナンを担当してもらったのですが、最初にチラッとタイミングを教えただけで最後までバッチリでした~


レガーニャさんは1回のみの参加だったので、色々な楽器に触ってみよう~!!
ということで、即席のガンサ教室。

ガンサは全くダメな私も、便乗。
レガーニャさん、え?本当にガムラン初めて??
と驚くほど上手にガンサ叩けてました~。(凄い!!)


こんな感じで楽しく過ごしているプレゴンガン練習。

私の当分の目標は、ガンサの音を聞いてグンデル・ランバットのメロディーをとっさに合わせることなんだけど、これがまーったく全然できない・・・
やっぱりガンサ本格的に習わないと無理だよなぁ。

でも、時間がないなぁ・・・
(まだグンデルワヤンすら納得するところにたどり着いていないので。)
長い目でみてがんばろう。



P_20160717_155452_1-01.jpeg



興味のある方はご連絡くださいね~
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Sanggar Kembang Waru

ガムラン部メンバー募集中

参加費無料。
年齢不問。経験不問。
初心者大歓迎。

住所:Jalan WR. Supratman No.102 Denpasar

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ウパチャラでの演奏 ~Part-30~  

2016年 12月13日 12:42 (火)


もう、かなりずい分前の話だが、Mascit寺院のオダランでNgayah(奉納演奏)があるとのことで参加させてもらった。

確か2~3ヶ月前にも大きなオダランがあって、その時も演奏させてもらったけど、半年経っていないのにまたオダラン??
と思って聞いてみると、この寺院では2~3ヶ月位で大きなオダランと小さなオダランを繰り返すらしい。

Kさんの車に乗り込みスカワティを出発。
寺院に着いた時点でクラマスチームはまだ来ていなかったので、しばらく寺院の周りを散歩する。



前回のオダランは大きなものだったので、寺院横の広場でかなり大きな市場が立っていたのだが、今回は市場の規模も小さめ。
(というか、ちらほらと食べ物を売る人のみ)

ちょっと気になっていた海の方へ向かう。


IMG_20160929_173147.jpg


海岸沿いには、このように海に向かってお祈りを奉げる場所?のようなものが5m間隔くらいで続いており、その先に見えるのはペニダ島。

IMG_20160929_173241.jpg



ペニダ島はバリの人々にとっては結構特別な場所で、その昔ジャワの高僧がバリを開拓しようとやって来たときに、バリにいた悪いものたちを説得してペニダ島に移ってもらったという逸話がある。
バリではいいものにも悪いものにも同様にお供えをする風習があるので、人々はペニダ島に向かってもお供えものを奉げたりするのだろう。

もしかしてこのマスチット寺院はそういったことも関係しているのかもしれないな、なんて、海に浮かぶペニダ島を眺めながら思う。(本当のところは知らないけど)

海岸沿いの岩の上に座って3人でぼんやりしていたら、サルゴ先生が、
「今思い出した。そういえば、昔彼女とここにこうして来たことがあったなぁ。」
なんてボソッと淡い思い出話。

IMG_20160929_173517.jpg



「そろそろお寺に行くか。」
とその辺に売っていた茹でピーナッツを買って寺院内へ。

IMG_20160929_172941.jpg

IMG_20160929_174335.jpg



しばらくピーナッツを食べながら待っていると、クラマスチームがパングルをもってやって来た。

とほぼ同時に到着したのがEさんとN君。
マニスクニンガンの時にサルゴ亭で会ったばかりだ。

以前のサムアンティガ寺院でのNgayahを思い出させるメンバー。
一緒の演奏はちょっと楽しみ。


IMG_20160929_180936.jpg


Sekar Ginotanから始まり、どんどん弾いていく。
メンバーも入れ替わりで、どんどん弾いていく。

IMG_20160929_184111.jpg


参拝者は前回のオダランの時よりちょっと少なめかな?
と思っていたけど、夜になるにつれてかなりの人になっていた。


あたりもすっかり暗くなってきたところで、奉納演奏終了。
みんなでスンバヤン(お祈り)をして、ご飯を頂いて帰路につく。

お寺でのNgayah(奉納演奏)はいつも楽しい。