03月 « 2018年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここのところのグンデル事情

2018年 03月05日 15:06 (月)


プレゴンガンの作戦会議の際にKさん宅に集まったときのこと。
Kさんちにはグンデルがあるので、
まぁ久しぶりにグンデルでも叩きましょう・・・
ということに当然ながらなる訳で。

ここのところ自宅でひたすら一人グンデルの日々だったので、
人とグンデルが合わせられることが嬉しくてしょうがない~


とにかくサンシ(裏パート)が苦手なのでサンシはKさんにお任せして、久々にスカワティの曲を。
少しずつグンデルを人と合わせる感覚を取り戻していく。

「LotusyaさんもTulang lindungあたりでサンシでもどうですか。」
と言われ、基本中の基本のTulang lindungならなんとかなるかな・・・とサンシを叩いてみようとするが、
最初のフレーズから全くこれっぽっちもかけらも思い出せない・・・

基本の曲であるTulang lindungでこれはかなりまずいー
と焦って、その後家でTulang lindung祭り。

先生を失って、私とサンシを合わせてくれる人がいない訳で・・・
誰か人と合わせたければ私がサンシを弾ければ手っ取り早い訳で・・・

もういい加減サンシと向き合うしかないか、と重い腰をあげてサンシの練習を始める。

まずはKさんが知っているカユマスの曲のサンシあたりを・・・
でMerak ngeloとSekar taman。


何とか思い出してきたので、プレゴンガンの練習の合間にでも合わせられれば~、と思い久しぶりのKembang Waruで偶然Nちゃんと遭遇。
Nちゃんを訪ねて可愛いグンデル弾きのバリ人女子も来ていたので、一緒にグンデルを弾かせて貰う。

可愛いグンデル女子は、チェラケンというグループ(ブラバトゥあたりだっけ?)のSちゃんという子で、まだ若いのにグンデルの前に座って凄い落ち着きよう。

まずはMerak Ngeloを。

もう、しょっぱなから驚いたの何の。
力強くて繊細で、正確でリズムも強弱もばっちり。
なんなら曲の変わり目の目配せまでも妖艶でクラクラする。
間違いなく船頭をとれる力量。
大げさでもなんでもなく、今まで会ったバリ人女子の中で一番上手かった。
バリ人にはかなわないな、再び。

気を使ってくれているのか、カユマスの曲でSekar taman、Cecek megelutと続く。
何となくカユマスの曲知ってるー、って感じではなく、どちらもかなり弾きこまれている。
そういえば以前、ミュージシャンのTさんもチェラケンでPakang rarasを習ったと言っていたし、スカワティの曲だけではなく色々な地域の曲を取り入れているグループなんだろうか。
そうだとしたら、チェラケンってすっごくいいな。
(チェラケンに習いに行きたいとかそういう話ではなく)

それにしても、バリ芸能のほんの一角であるグンデルでさえこうも驚きの連続。
それが数多くあるガムランの楽器それぞれに驚きの人々がいて、さらには踊りでも計り知れなく、さらにバリヒンドゥーの世界や文化となると・・・
小さい南の島なのに、バリは奥が深すぎる、再び。


P_20180217_172524-01[1]



******


で、グンデルの先生探し。

またスカワティのサルゴ先生のところへ行けばいいだけでは?って話なんだけれど、次女の様子を見る限りまだ当分スカワティまで練習に行ける感じではない。
(週に一度、プレゴンガンのために2時間程夫に預けるので精一杯)

しかも私はやっぱりまだまだカユマスの曲がやりたい訳で、今までやってきたことを続けたい訳で・・・
そうなると最適なのはスーさん(グンデルめちゃうまおじさま)。
なんせラディタ先生と長くコンビを組んでいた人だし、その腕前はお墨みつき。
(スレンドロのスカワティスタイルとカユマススタイルを弾き分けられる先生はなかなか見つからない。)
なんだけど、なんせスーさん、「村の子供達にガムラン教えるのに忙しくて外国人なんかに教えてられるかー。」ってお人らしい(←Kさんいわく)ので、難しそう・・・
家も連絡先も知らないし。

という訳で、もうしばらく自宅で一人グンデル生活が続きそう。
ありがたいことに、4月以降にカユマスの先生を紹介して頂けそうなので、それまで。

サンシやらなきゃな。



スポンサーサイト

ワヤン演奏 ~Part-8~  

2017年 05月03日 12:24 (水)


※3日間の怒涛の演奏の最終日です。



***************



この日のワヤン演奏は夕方から、前回と同様のGriya(高僧さんのお宅)での演奏。
メンバーはラディタ先生、姪っ子ちゃん、甥っ子君と私。
このメンバーでのワヤン演奏は2回目なのでちょっと安心。

私はもちろん、カンティラン(小さい方のグンデル)を死守。


どこからか撮影できないかな~、と場所を探したけど、舞台から少しはなれた柱ぐらいしか適当な場所がなく、仕方なく柱にカメラをくくりつける。

まずはダランさんの準備が整うまで、適当に曲を弾いていく。
Sekar Sungsang Kayumasを弾いた後、Sekar Gendotと言われたので、
「このままワヤン突入?」(カメラのスイッチ押さなきゃ)
と聞いたら、
「いや、まだまだ。」
なんて言っていたのに、案の定Sekar Gendotが終わったと同時にダランさんがワヤンの箱を3回叩いてワヤン開始。(やっぱり
すぐさまオープニングのPemungkah Wayangの演奏の為、カメラのところに行く暇なし・・・
今回は残念ながら撮影できなかった。

それにしても、私がぼんやりしていたせいでもあるんだけど、この日の演奏はとんでもないスピードで繰り広げられた。
ここはスカワティ?と思うほどの。
そんなスピードでも、涼しい顔してプマデ(メインの大きいグンデル)のポロスを演奏する姪っ子ちゃん。
凄いな・・・
私はカンティランでついていくのに必死
この日ほどカンティランを死守してよかったと思った日はない。

演奏後、ラディタ先生が「ビデオ撮れた?」なんて平気で聞いてきたが、
いや、どう考えてもカメラのところにいく隙がなかったよね?
「撮れなかったか~、今の演奏よかったのに、残念。」
って、全くもう、同感。


DSC03417.jpg

DSC03410.jpg


Alas Arumまで終わり、ホッと一息。
後は問題のアンカタンだけど、カンティランなのでいつもより心の余裕がある。
音がずれることない様にだけ注意する。

「そろそろメッサム(悲しみの曲)ね。」
って、ところで姪っ子ちゃんが
「メッサムって何?」
って。

一瞬焦ったラディタ先生だが、ワヤン演奏をこれだけこなす姪っ子ちゃんがメッサムを知らない訳がない。
私にプマデと代わってというが、お断り。
案の定、曲の名前を知らなかっただけで、普通にメッサム弾けてるよ。



グンデルに無理やりカメラくくりつけて撮った悲しみの曲Mesam。

DSC03427.jpg


その後は何事もなくワヤン演奏無事終了~。
これで、怒涛の3日間連続演奏も終了。
あ~、楽しかった。




***************



いつも当ブログに訪問頂きましてありがとうございます。

今週より臨月に入り仕事も産休となり、毎日のんびーりと過ごしています。
という訳で、皆様のブログに伺う機会も少し減るかと思います。
(毎日PCを立ち上げることがなくなるので・・・)

また、これまでガムラン(時々バリ)でブログを更新してきていましたが、
しばらくは練習が難しくなってくるかと思うので、
今後はバリの日常や私がバリで暮らすことになったきっかけなどについて
書いていこうかと思っています。

更新が滞りがちになるかとは思いますが、今後も「バリ島グンデルワヤン徒然日記」をよろしくお願いいたします




ウパチャラでの演奏 ~Part-33~  

2017年 04月18日 11:59 (火)


※前回のワヤン演奏の次の日のお話です。



***************


この日はお昼過ぎからラディタ先生宅の近所にあるGriya(高僧さんのお宅)での奉納演奏。
ラディタ先生は、「二人演奏で十分でしょ。」なんてずっと言っていたが、しばらくウパチャラ演奏していないし、練習の時間も全くないので「絶対ダメ。」とお断りして人を集めるようにお願いしていた。

願いが通じて、この日集まったのは7人。
丁度渡バリ中だったNさん(お久しぶり)と、ウブドからAさんとAさんの息子さん(M君、可愛い)。
それにラディタ先生と、その姪っ子ちゃん、甥っ子君、と私。

※ちなみに、バリでは妊娠中の女性はプラ・ダレム(死者のお寺)、ポトンギギ(歯削りの儀式)、ンガベン(火葬式)への参加は禁止されている(もちろん地域差はあるが、我が家では絶対NG)のだが、この日は高僧の奥様の火葬式の後に魂を浄化させる儀式、とのことでまぁ、なんとかセーフ。


二人での奉納演奏も好きなんだけど、やっぱり大勢での演奏は楽しい。
スカワティスタイルのメンバーが多いので、まずはスカワティスタイルの曲から。

Seker SungsangやSlendro、久々の演奏過ぎてややキョドリながらお隣のM君(小学生)の演奏を盗み見して何とか叩いてみる。

P_20170105_151121_1[1]

P_20170105_163149_1[1]



姪っ子ちゃんや甥っ子君との演奏はカユマススタイルにて。
ふふふ、楽しい。
(スカワティの激しい感じの曲も好きだけど、やっぱりカユマスのゆったりした美しいメロディーは落ち着く)

普段からの練習は、この様な儀式演奏で神様に奉げるの為のもの。
こんな機会を与えて貰えることに感謝、感謝。

楽しいなぁ~


演奏中、その場に居合わせたダランのPak Gustuさんがちらちら演奏の様子を見に来るのでちょっと緊張。
(こいつら、明日のワヤン演奏大丈夫かな?的な??)

P_20170105_163806_1[1]



演奏終了後は、いつも通りご飯を美味しく頂いて・・・
明日のワヤン演奏も頑張りますね~



*****************



盆と正月が一気に来ていたバリ島。
先日のクニンガン(送り盆)にて、ようやく続いていた儀式も一段落。
(まぁ、私は相変わらずのんびり過ごしていますが。)


定番のクニンガンのタマンプレ寺院での奉納演奏は今回は不参加。
次回は参加出来るといいなぁ~。


P_20160221_170013_1-01.jpeg


ワヤン演奏 ~Part-7~  

2017年 03月25日 11:35 (土)


※もう3ヶ月以上経ってしまいましたが、正月明けの怒涛の3日間演奏について書いていきます。



**************





前日に教えられたこの日のワヤン演奏。
前回のワヤン演奏から半年以上経っているので、全然手がついていかず、しかも曲をかなり忘れてしまっていた状態だったので、頑張って家で練習してみたが全然自信なし。

今回のワヤン演奏はデンパサールのとある家寺のオダランなんだとか。
ダランさんはずい分前にクシマンであったワヤンの時にお見かけしたPak Gustu 。
その時私はまだワヤンの演奏が出来ず、見学だけだったのでどんなタイプのダランさんかは覚えていない。

会場に着くとさっそくワヤンの舞台に案内され、お茶やお菓子が振舞われる。
イブイブ(奥様方)は、こうして客人にお茶を出したり、バンタン(お供えもの)のチェックをしたりと忙しい。

プダンダ(高僧)さんもまだ来ておらず、どうやらワヤンが始まるのはまだまだ先のよう。
手の空いているイブから声がかかるのはいつものこと。

「あら、あなたダランさんの娘さんか何か?」

この質問は新しい。
いつもは、「あら、あなたグンデルが弾けるの?私でも弾けないのに~。」が定番なんだけど。
うーん・・・誰がどう見たってダランさんの娘には見えないはずなんだけど・・・何て心の中で突っ込みながら、

「私は日本人で、グンデルの勉強をしているんです。」
「あら、日本でグンデルの教室を開くの?」
「いえ、もうこっちでバリ人と結婚していて・・・」
「あらあら、旦那さんはどこの出身?」

何て感じでおしゃべり。

ちなみに、バリ人と結婚していると言うと、夫の出身地を聞かれるのは必ず。
バリではプライベートにガンガンつっこまれるのが普通で、(結婚しているの?恋人いるの?等)これを聞かないということは相手のことに興味がないということになり、失礼に当たるのだとか。
バリ人的社交辞令(バサバシ)という訳。
(日本人的感覚だと、初対面でプライベートにガンガン突っ込む方が失礼だけど・・・
バリに来た当初はこれに慣れずにとまどったけど、今は軽く流せるようになってきた。
(スーパーで初対面の人に夫の職業まで聞かれた時は若干引いたが・・・)

しばらくすると、女の子の踊りルジャン(だっけ?)が始まって、しばし鑑賞。

P_20170104_105050_1[1]


そのうちプダンダさんも到着し、そろそろワヤンの開始。

P_20170104_093637_1[1]


オープニングはSekar Ginotan(Sukawati)のシンカット(省略)バージョン。
で、そのままPemungkah Wayangへ。
相変わらず、カヨナン舞いの部分では左手がすべるすべる
で、ラディタ先生と止めのタイミングが見事に合わなくて苦笑される
(私がダランさんを見る余裕がなく、ダランさんのカヨナンにタイミングを合わせられない・・・

凹んでいる暇もなくPengrumrumへと続き、終わりがけに「ランスン(直接)」と言われたのだけど、何が直接??と思っていたら、Tulang Lindungを飛ばして直接カヨナン舞いという意味だった。
(全然意味が分からず、Tulang Lindungの頭を叩いてしまった・・・)
やっぱり本番は練習通りにはいかず、まだまだ対応に困る

Alas Arumの後はPengalangakaraは飛ばされ、直ぐに物語へ。
(Pengalangakaraが一番好きな部分なんだけどな。)

P_20170104_112815_1[1]


ここからが鬼門。
ダランさんの合図に合わせてのアンカタン。
入る合図は、ダランさんが激しめにチュパラを叩くので何となくは分かるのだけど、終わる合図は相変わらず全く分からない・・・
そして、何のアンカタンが来るのかも相変わらず分からない・・・

なんとなーくやり過ごしていると、ラディタ先生が聞いたことあるフレーズを叩き出した。
「ん?これ何の曲だったっけ?」なんて舞台を見てみると、悪役従者のデレムとサングットが何やら舞台でお話中。

・・・。
デレムのテーマソングだ・・・

すっかり忘れていて、前日の家練習でもすっかり飛ばしていた曲。
ゆっくりの部分は何となく弾いていて思い出したけど、この後デレムが騒ぎ出したら少し激しい目の音へと変わるんだけど、その部分が全く思い出せない。
お願い、どうかデレムがこれ以上騒ぎませんように・・・
何て願いながらゆっくりバージョンを弾いていたら、なんとかデレムは騒ぎ出すことなく舞台から去っていった。(ホッ)

P_20170104_112823_1[1]

そんなこんなで、気付いたら最終のSudamala。
ところどころかなりしくじった部分はあったけど、とんでもなく大きな間違いはなく今年最初のワヤン演奏は終了。
あー、よかった。


帰りの車の中、2日後のワヤン演奏もダランはPak Gustuだったので、「次、Mesem(悲しみの曲)ね。」と事前に教えてもらえた。
おぉ、Mesemか。
よかった教えてもらえて。
一番苦手だからちゃんと練習しなきゃ。




***************



この日の様子をちょっとご紹介。

というか、アングル的に「クトゥット・ラディタ・ワンマンショー」状態ですが
(ちゃんとUPの許可は得ています。)



まずはオープニングのSekar Ginotan。
この曲弾くのも久しぶりだったんだけど、やっぱり左手がちょっと大振りだな・・・
パングルさばきがいまだに安定しない。



続いてPemungkah Wayangにて人形劇の始まり。
私にダランさんを見ながら演奏する余裕がなく、目の前のラディタ先生の手の動きに合わせて叩いているため、半テンポ遅れ気味での演奏。
せめてカヨナン舞いの部はダランさんみながら叩けるようになりたいなぁ。



Pemungkah Wayangからのつづき。
再後にちょっとだけアンカタン。
タイミングが全然分からない・・・



今日の練習曲【Seketi Sangsihなどなど】@DENPASAR

2017年 03月16日 12:18 (木)


ここ最近の練習の様子が全然書けてないけど、一応週に1回はデンパサールへと練習に通う日々は続いている。

日本へ帰る前に、Seketi DenpasarのSangsihとKejojorのSangsihを習っての帰国。
日本にいる間も一応エアグンデル(ビデオ見ながら枕叩く)は時々していたけど、やっぱり生もののグンデル!?は感覚が違う。
Kejojor全然ついていけなかった・・・


で、バリに戻って久しぶりの練習なんだけど、この辺でちょっと思うことがあって楽器をグンデルワヤンからガンサに変えることに。

というのも、実は現在二人目を妊娠中で、結構お腹も出てきてグンデルワヤンの練習がちょっと厳しくなってきたので。

グンデルワヤンはピアノの様に両手を使ってメロディーを奏でるのだけど、もちろん右左の動きが全然違う上に音を半テンポずらして止めていかなければならない。
楽譜なんてものはないので、全部暗記のみ。
簡単な曲ならいいんだけど、コテカンと呼ばれる連打が入るとちょっと厳しい。
(バランスとるのも)

一方ガンサは右手で叩き左手で音を止めるので、基本1音のみを追っていればいいので頭的には優しい。
この左手で半歩ずれて音を止めるのが慣れるまで厄介なんだけど、ガンサはペログ音階のガムランでは基本中の基本。
ここらでちょっと頑張ってみようかと。
(頭的に楽なので)


という訳で、先週よりガンサ練習開始。
まずは簡単な基本の曲「Tari Baris」から。

この曲はバリスと呼ばれる男踊りの伴奏曲なんだけど、割と簡単(らしい)。
と言っても、私はバリスをまともに観たことがないので、もちろん曲も初めて聞く。
単調なメロディーだけど、覚えるにはそれなりに集中が必要。
ふー。

で、メロディーを覚えても手がついていかない。
左手が右手の後を追ってくれない。
考えると無理。
なので、感覚で覚えていくしかない。
グンデルのくせで、時折右手で止めてしまったり・・・(スロンディンかの様に

でも楽しい!!
ひたすら一つの音を追っていくのは楽しい~


「もうBarisいいでしょ。」
ってことで今週はルランバタンのTabuh tule「ブアヤ マンガップ」だったかな・・・?
(スペルが分からないけど、「ワニが口をあけている」っていう意味。ルランバタンに関しては説明できないので割愛)

あぁ、これよく聞くやつだ。
簡単な曲で、子供が練習するのにもってこいの曲なんだとか。
でも一気に2曲は頭がついていかないので簡単にさわりのみ。


というか、メロディー覚えても手を慣れさせる方が大切なんだよな~、ってことで、思い切って練習用のガンサを買うことに。
といってもお値段とてもリーズナブル
1台1万円もしないくらい。
というのも、鍵盤が鉄製なので。
本物のガンサ(ガムラン楽器)は鍵盤が青銅で出来ており、お値段はこの10倍くらい。
でも、鉄製で簡単な作りの練習用だとまだまだこの値段で手に入る。

私はガンサをメインにするわけではないので、練習用で十分。


P_20170316_110157_1[1]
昨日届いたばっかり。
音程させ合っていれば問題なし。
小さくて可愛い


しばらくはこの子で家練習頑張ろう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。